田安研究室

氏名    田安 正茂(准教授)


専門分野
 海岸工学
学位    博士(工学)
所属学会 土木学会
       日本流体力学会

        応用生態工学会

1971年12月20日生(A型)

担当授業科目  ものづくり科学(1年生グループ演習)
 環境都市工学実験実習T(2年生測量実習)
 水理学U(4年生)
 都市工学実験実習V(4年生水理実験)
 海岸工学(5年生)
 卒業研究(5年生)
 環境システム工学実験(専攻科1年)
研究テーマ  断面2次元水路における不規則波の造波特性について
 海岸構造物周辺の波の変形と流れについて
 河道内の洪水流および河川の氾濫解析
実験施設  断面2次元造波水槽(L 24m × B 0.6m × H 0.8m)

研究室の代表者

研究室の学生





5年生
(卒業研究テーマ)

  川岸鳳耶 ・戸田泰智 ・長谷川裕紀
   (三里浜海岸における高須川河口変動と
              河口周辺の汀線変化について)
   (足羽川船着き場の土砂体積抑制に関する研究)

専攻科生
(特別研究テーマ)

 2014年度:田邊 祐真
   (足羽川船着き場の土砂体積抑制に関する研究)

 2013年度:上野 卓也
   (高須川河口の変動特性と
             河口周辺の汀線変化について)

 2011年度:
  加藤 良平
   (福井県三里浜海岸における高須川河口の
                    変動に関する研究)
  藤田 崇史
   (高須川の流出解析)
  和田 健吾
   (マルチエージェント・シミュレータを用いた
                 避難行動に関する研究) 

 2005年度:
 菊 雅美

    (直交矩形格子を用いた
       流体中を移動する物体の数値計算法)
 
    卒業生
(卒業研究テーマ)

 2013年度: 田邊 祐真・玉木 崇・乘川 文尚
   (三里浜海岸における高須川河口変動と
              河口周辺の汀線変化について)
   (日野川における洪水による砂州の変化と
                     砂礫移動について)

 2012年度: 加藤弥槻・来田裕平・反保孝太朗・山本恵夢
   (三里浜海岸の汀線変化と高須川河口変動について)

 2011年度: 上野 卓也 ・ 高松 亮太 ・ 町井 陽太
   (高須川河口変動と汀線変化に関する研究)

 2010年度: 奥田夏規・中川新地・水野遥・渡辺裕生
   (三里浜海岸に流出する
        高須川河口付近の汀線変化について)
   (高須川の流出解析)
   (マルチエージェント・シミュレータを用いた
                 避難行動に関する研究)

 2009年度: 石本達成・加藤良平・藤田崇史・和田健吾
   (福井県三里浜海岸における高須川河口の
                    変動に関する研究)
   (マルチエージェント・シミュレータを用いた
                 避難行動に関する研究)

 2008年度: 白崎昌隆 ・辻端陵平・出口裕也・中川友佑
   (福井豪雨時の河和田川における氾濫解析)
   (マルチエージェント・シミュレータを用いた
                 避難行動に関する研究)

 2007年度:安達大二郎・佐々木康二・梅田祥吾・八田 学
  (福井港に来襲する風波の数値計算)
  (福井豪雨時の河和田川における氾濫の再現計算)
  (ニューラルネットワークを用いた波浪推算)

 2005年度: 近藤貴文 ・ 氷見啓樹 ・ 前川一平
          DANG GIANG HOANG
  (福井県三里浜海岸における
           汀線変化予測モデルの作成)

  (有限要素法による流のシミュレーション
   〜浅水長波方程式を用いた波の伝播の計算〜)


 2004年度: 岡花雄太 ・ 森 有希
   (福井豪雨による福井市街地住民の
    被災状況と避難行動に関するアンケート調査)

 2003年度: 菊 雅美 ・ 橋本雄大 ・ 加藤大作
    (数値波動水路による波の伝播の再現)
    (福井県加越沿岸地域の砂浜海岸の調査)

 2002年度: 廣瀬智昭 ・ 山田尋一
 (不規則波のスペクトル解析および入・反射分離)

環境都市工学科トップへ

福井高専トップへ

タヤス  マサシゲ